スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の太鼓

雪女でございます。

太鼓にもいろいろと流派がありんすが、
うちのチームも一応、「T道場スタイル」で通して(?)います。
ただ、うちのチームには「先生」がいないため、
それが最大の欠点となりあまりにも統一性がないのが現状でございます。

それはさておき、では、自分の太鼓スタイルとは?
だって、チームの大まかなスタイルがあっても、
その中には個々のスタイル、ようするに個性ってものがありんしょう。
これが雪女の太鼓、と呼べるものを日々研究中。

生徒から研究生に上がったころの打ち方。
人種差別問題が勃発した当時(苦笑)の打ち方。
現在の打ち方。
振り返ってみると、かなりの変化が見られます。

前に猫女が書いていますが、
雪女は日本に帰国するたびに某正統派プロ太鼓グループにお稽古をつけてもらっています。
日本に住んでいれば間違いなくそこの門を叩いていることでありんしょう。
(あっ、もう門は叩いてるのか。)

そこのスタイルに惹かれて、憧れました。
個人稽古をつけていただいている方の太鼓に魅入られました。
そして、自分の体系・過去の長年のバレエ暦などから、
これは自分の思い描く打ち方・スタイルに一番近いと確信いたしました。

バチの位置は?
バチの握り方は?加減は?
立ち位置は?
腕のあげかたはどうするのが一番良い音が出る?
どう体を動かせば一番綺麗に見える?

研究しつくされたこのスタイルを教えていただいて、
これを土台に雪女は自分の個性を作り上げていきたいと思っています。
「あれが雪女の太鼓」と見ている人がわかるように。


で、この個性を思う存分発揮してくれ、という猫女の期待に応えられるように。(笑)
ユニットをやるにあたってまた新たな自分の打ち方が発見できるかもしれんせん。


あ、余談ですが。
所属チームのスタイルじゃなーい!とか言われた際には・・・
そうはいえど、T道場の先生は某正統派プロ太鼓グループの宗家と親しき仲でありんすぇ。
T道場の先生も帰国すれば某正統派プロ太鼓グループのところへ行き、
「やっぱ勉強になるな~」と言われて帰るらしいです。
必ずしも無縁な打法ではないのであしからずー。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

猫女&雪女

Author:猫女&雪女
~猫女~
会社社長兼某へタレ和太鼓チームのヘタレメンバー。
音楽の経験ゼロ、楽譜も読めない、
八分音符以上、ドラムロールだって出来ない困ったちゃん。
でも何故か篠笛はそこそこ吹けちゃったりする。

~雪女~
理系院生兼へタレ和太鼓チームの花形メンバー。
モデル並の可愛い系外見で、締め太鼓・キット・担ぎ桶太鼓・鳴り物に笛と何でもこなす、音楽サイボーグ。
でも雪女…またの名を「氷姫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。