スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズギグ④

雪女でございます。

お久しぶりでございます。

だいぶご無沙汰してしまいましたが・・・

相変わらず多忙な毎日を過ごしております。

さて、火曜日にまたジャズ・ギグがありました。

今回は、小さなカフェにて。
ここもライブバンドがしょっちゅう演奏しているお店で、
夕方にはジャム・セッションが行われるような、
例えで言うと・・・下北沢にありそうな感じのお店?

100以上の種類のビールがおいてあり、
猫女はメニューを見ながらずーっと一人でニヤけておりました。(笑)
ビール好きな猫女にとっては天国!
まさに至福のとき、です。

続きを読む

スポンサーサイト

じゃずぎぐ~其の三

ども、猫女だす。

この前の日曜日、近くのスシバーでジャズギグ第三弾やってきました。

ここは、夫婦経営のお店なんだけど、日本人の奥様と、かなり有名なプロジャズ奏者の旦那さんが経営のレストラン。
店内には小さなステージがあり、一時期はけっこう有名どころが頻繁にここで演奏してたそうです。

私と雪女はほぼ月一で所属太鼓グループで演奏させてもらってるんだけど、ジャズグループとしては初めて。

今回はいつものメンバーにドラム君も加わり、フルメンバーということになったのですが、機材を持って皆でレストラン内に入った途端、オーナーのご主人の表情が一転、「無理っ」ってな表情に。

そりゃ、そ~だ。
だって、私たち、

横約2メートル、奥行き約1.5メートルのステージに、
ビブラフォン、琴二台、ダブルベース、ドラムセットに太鼓二台を置こうとしているんだもん…(--;)


レストラン法もあってステージの前には機材を置けず、
まあ、かろうじて雪女のキーボードはステージ横に置いたけど…。

で、わたくしの立ち位置はビブラフォンと琴セットの隣。
人がかろうじて横になって通れる幅。
それで篠笛を吹いたんだけど、右ヒジが少しでも下がると琴の弦に触れちゃうから、吹いている時はひたすら普段よりも右腕を上げて吹かなきゃあならず、これがけっこうキツイ。

で、まあ、セットアップ終わり、ご主人見たら、まあ~険しい顔。
で、お琴のYさんがご主人とお奥様に「6人来るんだけど、どこら辺に座らせたらいいかしら?」と聞いたらすかさずご主人が、
「その方々はミュージシャン?」と聞いてくる。
で、Yさんが「お医者さん方ですよ~」って言ったら、
すっげ~ほっとした顔で「ヨカッタ」と。

…(--;)
やっぱり、バリバリプロのジャズミュージシャンからしたら、私らありえないくらい駄目駄目ちゃんなのかあ~、と変な意味で感心してしまった。

で、本番、一セット目。

……
………(--;) … 
自分が全然聞こえねえ~。

音が出てるかどうかも全く分からない。
かろうじて、自分のソロの時だけは聞こえたけど…。

二セット目、
一セット目と二セット目の最初の曲はCDのトラックをバックに演奏ってな感じだったんだけど、
自分が聞こえないから、ほとんど「エア篠笛」状態(T T)。
このセットもまた、ソロの時だけ聞こえたってな感じでやんした。
でも、まあ、雪女と「これは客ドン引きだよなあ~」と危惧してた曲が、結構お客さんがノッてくれて一セット目よりは雰囲気も含めていい感じだったと思う。

しか~し、
両セットとも、演奏中ご主人の目が光まくりで怖え~んだな、これが。
プロの目ってやつですわな。

で、内心、
「あちゃ~、こりゃ、もう来るなとか言われるんだろうな」って思ってたんですけどね、





6月にまたやってほしいと言われました(^o^)v。


次のじゃずギグは来月11日に、これまた結構有名らしいジャズクラブでやりまふ。

なんか、定期的になってきたなあ~、これ。

ジャズギグ②

雪女でございます。
お久しぶりでございます。

先月があまりにも多忙すぎたのと、
先週末ちょっち事故っちまいましたので、
ご無沙汰しておりました。
一応元気にしておりますのであしからず。(苦笑)

もうずいぶん前の話になってしまいましたが、
2回目のジャズギグの感想を。

けっこう名の知れたジャズクラブでの演奏だったので、
ビブラフォン奏者さんはかなりテンパってらっしゃいました。

でも、なかなかのギグだったと思われます☆

続きを読む

二回目のギグ

ご無沙汰です。

猫女でございます。

身内の不幸があったため(前回の初ギグの次の日早朝に帰国した次第です、はい)、
帰国したり、所属している太鼓グループでフェスティバルで叩いたりとバタバタしてたらも~三月も終わりじゃあないっすか!

とりあえず、22日の第二弾のギグの報告です。

前回と同じメンバーで、ここではけっこう観光名所にもなっているジャズクラブで演奏してきました。
っつ~かね、到着して、
「ここって、よくテレビに出てるとこじゃん~」。
私たちの生息地はリゾート地なんですが、特にここは観光名所。
名前も知らず何度この前を通り過ぎたことやら。

それはさておき、ギグですが、私の友達や家族が来てくれたりしたんで、
ちと「頑張らなきゃプレッシャー」だったんだけど、
前回同様、楽しく演奏出来ました。
やっぱり、私にはこっちの方が自分自身を出せてハッピーに演奏が出来る感じがします。

今回は、父を亡くしたばかりの私に、リーダーがアナウンス付でそれを追悼する篠笛のソロをやらしてくれて、大感激でした。
しかも、吹き終わった時に目の前にいたお客さんが
「ビューティフル!」と言ってくれたんですよ。
これは本当に嬉しかったし、多分一生忘れないと思います。

とにかくね、所属している太鼓グループにとって私の篠笛なんて、
「弁当箱のバラン以下」の存在。
場つなぎでピーヒャラ聞こえればいい~としか思ってくれないから、
こうやってちゃんとオーディエンスから評価してくれるのが嬉しいんですよ。

おかげで、「篠笛もっとやりたい、篠笛でもっともっと頑張りたい」病が勃発です。
ほんとにね、篠笛を吹いている時が一番幸せなんです。

ところで、今回のギグでリーダーがお客さんからけっこうCDの問い合わせがきたそうで、
近いうちにCDレコーディングをする可能性がでてきましたっ。
本当に実現できたらいいね~、雪女!
頑張ろうぜ~!

~業務連絡~
雪女殿、
写真のアップよろぴく~。


初ジャズギグ感想

雪女でございます。

気がついたらもう火曜日になってしまいましたが。
先週金曜日の初ギグ、なんとか無事終了いたしました。

続きを読む

プロフィール

猫女&雪女

Author:猫女&雪女
~猫女~
会社社長兼某へタレ和太鼓チームのヘタレメンバー。
音楽の経験ゼロ、楽譜も読めない、
八分音符以上、ドラムロールだって出来ない困ったちゃん。
でも何故か篠笛はそこそこ吹けちゃったりする。

~雪女~
理系院生兼へタレ和太鼓チームの花形メンバー。
モデル並の可愛い系外見で、締め太鼓・キット・担ぎ桶太鼓・鳴り物に笛と何でもこなす、音楽サイボーグ。
でも雪女…またの名を「氷姫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。