スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普通の人間です。

雪女でございます。

キム・ユナではありんせん~!!

太鼓の助っ人で入ったはずのジャズ・アンサンブルでありんすが・・・
「君、メインの楽器はなんなの?」
「ピアノでありんす。」
「おぉ!じゃぁ他の曲はピアノで入れるね!」

・・・えっ!!!!

雪女はクラシックピアノ叩き上げでありんす。
ジャズコード、および即興はとにもかくにも苦手でありんす。
高校時代によくジャズバンドに入っていたなぁといまさらながら思います。

爪もいさぎよくばっさりと切りました。
残り少ない日々、練習れんしゅうレンシュウ・・・


しかも、雪女をスーパーウーマンのようにおだてあげるのが好き(??)な猫女。
人のいないところでいろいろと言ってくれたらしく、
なぜか雪女は歌まで歌わされる事態に。

しまいには、「雪女はバレエもずっとやってたから、踊りでも~♪」
おいっ!とそこまではさすがに阻止いたしました。

猫女、何度も言いますが。
あちきは音楽サイボーグぢゃなーい!!!

(笑)

来週に迫ってしまった初ギグ、大丈夫なのでしょうか・・・
スポンサーサイト

久々練習。

雪女でございます。

今日は久しぶりにユニット練習をしてきました~♪

ここ2週間、お仕事でチームの練習にも出れなかった猫女。
現実逃避旅行プランが流れて凹みながら黙々と論文書きに明け暮れている雪女。

久しぶりの二人での練習は楽しかったですね

二人での練習のときのウォームアップは、
雪女がお稽古つけてもらっている某正統派プログループのウォームアップになりました。
かなり疲れますし、なかなか上手くできません。
練習あるのみ!

身体が温まったところで曲の練習へ。

① 笛&キット曲

以前、姉妹チームに在籍していた方が作った曲ですが、
篠笛・三味線・太鼓用のものを篠笛&キットだけ用にアレンジ。
かなりカッコイイ曲で、とっても気に入っているのですが、
ステージで演奏する許可をまだいただいていないので・・・
とりあえず練習にはもってこいの曲です。

② W笛&キット曲

某有名賛美歌のアレンジ曲です。
W笛からはじまり~
途中から雪女がキットに移り伴奏~
キットソロ~
エンディングは猫女が笛で綺麗に

W笛のハモる部分をどうするかで悩んだので、
雪女が帰宅してからピアノであ~でもないこ~でもないと考えました。
できましたよ~、さて、綺麗にハモれますかな!?



ちなみに。
楽譜を整理していたら、某有名クラシック曲の楽譜を発見。
フルートとピアノ用なのですが。

猫女、フルートパートの楽譜渡すから、
今度ためしにやってみよう☆
ア○アフェストの後にでも雪女宅でちょっとやってみよーぜー?

アイデアは…

どもども、猫女です。

所属している和太鼓グループの他メンバーには隠密に練習を始めて二週間近く。

隠密とは言っても、チーム練習後に二人で
「ここはこ~んな感じのさ~」なんてやり取りしてたら、
他メンバーから、「何やってるの?二人だけの曲やろうとしてるの?私たち皆が出来る曲を作ってくれるの?」って…(--;)。
私「まだ、こんな感じってなだけで、二人も皆もそんなとこまで考えてないんだけど…」

なんなんだよぉ~、そんなこともしちゃあいけないのかよぉ~、まるで監視されてるみてえ~じゃねえかよぉ~。
っつ~か、何で言い訳しなきゃいけないんだ、うちら?

とにもかくにも、まあ、そんな他メンバーの目をくぐり抜けながら、
とりあえずほぼ2曲は鉄板でオケーってな状態だす。

で、ユニットのアイデアを二人で知恵を絞って出し合っているのですが、
ま~こんな感じ:

1.キット&篠笛、斜め打ち×2、大太鼓&キットなど、だいたい10以上の組み合わせで

2.帰国の度に某大手和太鼓グループからお稽古をつけてもらっている雪女がそのスキルを発揮させる

3.所属グループの様な当たり前・ダサダサな衣装はNO!鉢巻嫌~。
(でも、雪女は「特攻服がいい~☆」なんて言ってるんだよなあ~^^;)

雪女へ業務連絡―
私はゴス系の衣装もいいと思うんだよねえ~。



ユニットやってみるべ

ども、お初でございます。
猫女でございます。

私猫女と雪女は、某国観光地にある和太鼓チームに所属しています。
15人くらいいるメンバーの中で日本人はたったの5人という、現地色が濃い太鼓チームです。

んなもんで、せっかくやってるのが「和太鼓」なんだし、日本語で心おきなく故郷の文化を堪能しよう・日本人でしか表現できない演奏をしようと日本人メンバーで集まってユニットを組もうとしたら、
な、なんと、
「人種差別」ということで他メンバーから泣くわ喚くわの猛反対を受け断念。

いくら日本の有名グループの数々の例を説明しても聞き入れてもらえず、
他の現地人メンバーが好き勝手にやってても、
私たち日本人メンバーは好きなことをさせて貰えないという矛盾に辟易してた頃、

雪女が、
「じゃあ、猫女と私は仲いいし、息も合うから二人でやったらどうなんだろ?
息の合う仲いい同士でやってるだけだから、人種差別にはならんべ」と。

それでお互いアイデアを出し合いながら練習を始めて一週間弱。

もっちろん、現地人メンバー達にはまだ内緒ざ~んす。

とりあえず、雪女が夏に院生生活を終了するので、それまでにどこかで発表する機会があればいいな~と思っております。

こんな二人組ですが、どうぞ宜しくですm(_ _)m

プロフィール

猫女&雪女

Author:猫女&雪女
~猫女~
会社社長兼某へタレ和太鼓チームのヘタレメンバー。
音楽の経験ゼロ、楽譜も読めない、
八分音符以上、ドラムロールだって出来ない困ったちゃん。
でも何故か篠笛はそこそこ吹けちゃったりする。

~雪女~
理系院生兼へタレ和太鼓チームの花形メンバー。
モデル並の可愛い系外見で、締め太鼓・キット・担ぎ桶太鼓・鳴り物に笛と何でもこなす、音楽サイボーグ。
でも雪女…またの名を「氷姫」

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。